.

通常、クレジットカードの上限金額が日々決済する金額より多く決めいていると使用者は余裕があると思い誤って、考えずにカードで支払ったりします。そうしたカードの使いすぎを避けるようにするため使用できる上限を自主的に減らし気味に申請しておこう・・・という提案が、これから申し上げる文のメインとなる考え方です。月の限度額を引き下げる手順■クレカの月の利用限度額を減らしておく手順は利用限度額の引き上げ手順と同様、非常に便利です。バックに載っている専用窓口に問い合わせて、「カードの限度額をもっと低くしてほしい」と希望をセンターの人にはお願いするだけです。普通は現状の限度額に比べ少ない上限であれば審査もなくそのまま限度額の変更ができます。限度額を減らしておくのは危険を避けることとも結びつく▲クレカの限度額を引き下げておくことは節約等の良いことのみならず防犯にも関係してきます。もし仮に、大事なクレカが誰かの手に渡り勝手に使用されてしまったような状況でも、前もってカードの利用限度額を少なめにしていれば実害を最小限にすることができるためです。強調しておきたいのは悪用されることになった場合でもカード所有者に詐欺に加担するようなことと思えるものがなければ盗難保険と呼ばれる機能が使用者を支えてくれるわけなので心配することではないわけですが、もしものことを考え、設定が高いならば限度額はセーブしておくのも手です。必要のない上限額は良いとは言えないことと言えます。