.

クレジットカードを店舗等で決済する際、一度は体験があると思うのだがレジのスタッフが不慣れなためどちらのレシートを客へ対して渡すのか迷っている時があるはずです。クレカを機械に通すと、カード端末複数枚の使用レシートというものが出されるからでそれらのどの明細をお客様の方へ渡すのかわからないという話です。紙について:上記の3組綴りの明細レシートの意味はいかなるものかについてまとめると下の通りです。1お客様へ渡すべきレシート。2店舗控え使用明細。3クレジットカード会社控え利用レシート(署名を書く紙)。本来は必ずお客さんに渡すべき紙を受け取るはずですが、稀に店舗控え使用レシートを利用者に間違えて渡してしまうパターンの他、記名をした利用明細自体を渡す大きなミスなどもあるのです。このパターンはパート従業員であるとかそれほどクレジットカードが使われるケースの少ないお店においてクレカを使用する際、こういった店員の迷いが体験できることでしょう(笑)。仮にスタッフが誤った方の明細というものを渡してきたときはやさしく「これじゃありませんよ」などと言ってください。