.

店舗でどれもの保有カードが決済できるわけでもない◇クレジットカードの加盟店舗は多くは、多くのカードブランドとライセンスを結んでいますが、ちょっと不便ですが一切のお店であらゆる会社のクレジットカードが使用可能なわけではありません。例をあげれば旧態然とした加盟店舗のときはJCBロゴの書いてあるクレカしか決済不可な場合もあるし、今日日の加盟店舗の場合ビザやマスター印の入ったものだけしか決済できない場面もあります。銀聯に類するクレジットカードの場合、増して決済できないショップが増えるはずです。どのマークのクレカが切れるかをいかなる方法で見分けるといいんだろう?「それならどのような方法でどの印のカードが決済できるかを確かめたら良いか?」といってみても、本当のところを理解するんだったら該当店の店員に見せてみるしかないというのが残念だけどその回答です。とはいえどもたいがいのお店やホテルには加盟店の入口のところなどに使えるクレカ会社のブランドが入った加盟シールが貼られているんで、「そっか、そこの店舗はMasterCardが決済可能なのか」というのが困らないようになってるし確認しておいてほしいと思います。というものの、ちゃんと加入管理が出来ていない加盟店舗で使用する際にはロゴマークが掲示されている場合でも「ここではご使用のクレカはお使いいただけません」などという返答をされるなどということもあるわけで頭が真っ白になってしまうこともなくもないですね。欲を言えば可能な限りはより多くのお店でクレジットカードが決済できるようにするためにもう一つの印(欧米圏の会社)がプリントされた一般的なVASA、JCB、アメックス、というようなカードを2枚以上使えるようにしておくようにしたほうがいいでしょう(例えば:VISAカードを持っているならアメリカンエキスプレスカード付帯のカードを財布に入れておくなど)。特に国内使用のみならVISAカード、マスターカード、JCBカードの3つの印が入ったクレカをいつも使っていれば、返済状況に問題がない限り100%の契約店舗でどれかしらのクレカを決済する機会があります。クレカを活用して有効的にポイント取得を続けるつもりならば確実に上記のクレカを財布に忍ばせておいて損はないと思います。